記事一覧

S2000タイプSリップスポイラー取り付け①

後期バンパーを見たお友達にタイプSのリップスポイラーをもらってしまいました。
これは嬉し過ぎる。

ファイル 94-1.jpg

早速その有り難く頂いたリップスポイラーを装着します。

ファイル 94-2.jpg

タイプSリップはバンパーに何箇所かネジ留めで固定するのですが、外から見えないところでも留まっています。
裏からバンパーに穴を明けてネジ留めすることになるのですが、リップに付いているクリップナットの場所が外から見えないので穴明け位置がどこか判りません。
そこでシリコンシーラントを使って穴明け位置を探すことにします。

ファイル 94-3.jpg

まず六角穴付止めネジを準備します。


ファイル 94-4.jpg

リップのクリップナットに止めネジを装着するのですが、このとき六角レンチにグリスを塗るのがポイント。
そしてボルトの上にシリコンシーラントを山盛りに付けます。

ファイル 94-5.jpg

メクラになっている所以外の固定箇所を使って仮付けします。
バンパー側の穴明け予想箇所は脱脂しておきます。

S2000後期純正バンパー装着③

ファイル 93-1.jpg

続いてフロントバンパー交換の作業です。

ファイル 93-2.jpg

これまで付いていたバンパーを外します。

ファイル 93-3.jpg

一旦仮付け。
フェンダーとの境い目は明らかにタイヤと擦りそうなので少しだけバンパーを削ります。

ファイル 93-4.jpg

フロントは特に穴明けの必要もなくそのまま付きました。

ファイル 93-5.jpg

前後バンパー装着完了。
これで後期仕様に生まれ変わりました。

S2000後期純正バンパー装着②

ファイル 92-1.jpg

購入した中古リヤバンパーはフェンダー爪折り加工されていた車から外した物のようで、穴の近くに追加で穴明けすることになりました。

ファイル 92-2.jpg

再度取り付けてビス留めしたら完成。

ファイル 92-3.jpg

純正バンパーは柔軟性があるのでフェンダーに引っ張られる形で1cmくらい外に出てくれたように思います。
それと、タイヤが擦れた時も割れずに削れてくれるので安心です。

ファイル 92-4.jpg

後期仕様になりました。
パンパー横のスリットが後期の目印です。
前期との違いはつい最近知りました。

S2000後期純正バンパー装着①

現在マイカーに付いているAMISのバンパーはFRP製のため柔軟性がなく、フェンダーを外に叩いてもバンパーが内側に残ってしまい、タイヤと干渉してしまいます。
そこで、純正リヤバンパーをオークションで探していたら、同色の後期バンパーが前後出ていたので、勢いで両方とも落札してしまいました。

ファイル 91-1.jpg

まずはリヤから交換開始です。

ファイル 91-2.jpg

これまで付いていたバンパーを外します。

ファイル 91-3.jpg

一旦仮付けしてネジ留め位置を確認します。

ファイル 91-4.jpg

前期バンパーとはタイヤハウス側の固定位置が異なっているのでドリルで穴を追加しました。

S2000ブレーキ強化③

ファイル 85-1.jpg

キャリパーが大きいのでビッグキャリパー対応ホイールでないと干渉してしまいます。
手持ちの17インチホイールで装着できるのはSSRの1種類だけでした。

ファイル 85-2.jpg

ブレーキキットはローターの内側にスペーサーを挟むようになっていて既にツライチのホイールは履けそうにありません。
時間もないので思い切ってフェンダーをペンチで折り曲げ。

ファイル 85-3.jpg

ペコペコになりましたが、なんとか納めて走行会に間に合わせることができました。
4POTに換えてブレーキを踏んだ感じはマスター容量が足りてないのか踏みしろが増えて柔らかいタッチに。

ファイル 85-4.jpg

実際サーキットを走ってみて明らかにブレーキが強化され余裕ができたのが判りました。
これまで走行枠の後半になるとブレーキが甘くなっていたのが最後までタレる感じはなかったです。
踏みしろは増えてしまってますが踏み込むときちんと効いてくれる。
ただ前後バランスが悪くブレーキを踏むとまずリヤが沈んでABSが効いてしまう感じで曲がりにくい。
とりあえず次回走行時にはパッドを前後共同じ物にしてみる予定です。

S2000ブレーキ強化②

ファイル 84-1.jpg

装着はバックプレートのキャリパー干渉部分をなんとかすればほぼボルトオン。
今回バックプレートはそのまま残しました。
バックプレートのキャリパー干渉部分をカットした後バックプレートの折り返しをペンチで曲げてローターから逃がしています。

ファイル 84-2.jpg

ついでに交換しようとしたブレーキホースのネジが1箇所硬くて外せません。

ファイル 84-3.jpg

この箇所は諦めましたが他の3本は中古良品に交換。

ファイル 84-4.jpg

ローター、ブラケット、キャリパーを付けて装着完了です。

S2000ブレーキ強化①

走行会前の作業でしたが、ついにS2000の弱点であるブレーキを強化しました。

ファイル 83-1.jpg

装着するのはオークションで手に入れた中古の4POTキャリパー流用キット。
KB1のキャリパーにJZA80のローターで、おそらく制動屋のものかと。
リヤはオークションで手に入れたFD3Sの中古キャリパー&ローターにALTEXのブラケット。

ファイル 83-2.jpg

中古なのでローター錆びてます???
これは酷い。

ファイル 83-3.jpg

片方のリヤキャリパーのサイドブレーキが固着していて使えませんでした。
仕方なく改めてオークションで1個落札。
ついでに使用距離の少なそうな中古純正ブレーキホースも手に入れました。

ファイル 83-4.jpg

こちらのキャリパーもまあまあ良い感じです。
20年物なんでこんなもんかな。

S2000デフオイルキャッチタンク装着

暑さ対策第2弾としてデフのキャッチタンクを取り付けることにしました。

ファイル 78-1.jpg

デフオイル交換時に車を傾けてオイルを多めに入れると、その分ケース内の空気部屋が減ることになるので、油温が上がった時にオイルを噴きやすくなります。
S2000はデフオイルクーラーや大容量デフカバーが定番ですが、費用と手間がかかるので取り敢えずキャッチタンクを装着してみます。

ファイル 78-2.jpg

装着するのはこちら。
容量500ccの原付バイク用オイルキャッチタンクをオークションで落札。

ファイル 78-3.jpg

アルミの廃材を切ってこんな取付ステーを製作しました。

ファイル 78-4.jpg

装着完了。
デフオイル噴くと黒旗を振られることが多いですが、これでデフブローするまで走り続けられます。

S2000ブリーザータンク装着

夏の暑さ対策としてラジエターブリーザータンクを取り付けることにしました。

ファイル 77-1.jpg

新品激安品をオークションで買いました。
安心の無印ヤフオク品質。

ファイル 77-2.jpg

汎用品なのでアルミ板を切ってこんな取付ステーを製作しました。

ファイル 77-3.jpg

装着完了。
取り付け後も冷却水に大量のエアーが混じって出てくるのを見てるとあまり必要なかったのかも。
というか、どうもガスケット抜けてるような気がしますね。

S2000スタビライザー取り外し

乗り心地改善のために前後のスタビライザーを外してみました。

ファイル 76-1.jpg

近所を少し乗った感じではLSDの効きがずいぶんマイルドになった気がします。
乗り心地も少しは良くなったかな。

ページ移動

プロフィール

リンク集